玄米まるごと玄煎粉


良い体(健康)は、良い食品(品質)から。

玄米まるごと玄煎粉(げんせんこ)は安心にこだわった『北海道産ななつぼし一等米(残留農薬ゼロ、放射線物質未検出)』を使用した焙煎、玄米粉です。
簡単すぐに食べることができ、長時間の遠赤焙煎後に粉末化しているので、通常の玄米ご飯より消化がよいのが特徴です。



『これからの新しい玄米の食べ方』

玄米は健康に良いのは分かっていても『面倒』『おいしくない』のであきらめている方に。
忙しい朝でも、お湯を注ぐだけで簡単に玄米食ができます。
お子様からご年配の方まで、誰でも簡単に玄米食がとれるので、また料理に加えて栄養バランスをアップしましょう。



◆『玄米まるごと玄煎粉』は、グルテンフリー、ノンアレルゲン。

遠赤で長時間焙煎しているので、そのままでも食べられる玄米粉になりました。保存食にもおすすめです。
また、小麦や他の「アレルギー物質」の混入防止のため、厳重に監視された専用工場で作られています。アレルギー物質『27品目』不使用の焙煎、玄米粉です。乳製品を取れない方にもおすすめです。



『玄米はバランス栄養食』

玄米はビタミン、ミネラル以外にも、健康維持に優れた多種の栄養素『ファイトケミカル(フィチン、イノシトール、フェルラ酸、γオリザノール)』を含み、コレステロールもゼロ。原料は検査機関で品質基準をクリアした一等米を使用(米の等級は、虫や病気で変化した「被害粒、着色米、死米」の割合で決められます)しています。



欧米ではグルテンフリーダイエットがブームで「米粉」が注目

『玄米まるごと玄煎粉』は栄養豊富な『玄米』100%
小麦を始めアレルゲン“27品目”不使用です。


『玄米まるごと玄煎粉』は北海道産玄米。

第三者調査機関にて『残留農薬ゼロ』『放射能不検出』と立証されており、残留農薬や、放射能汚染が心配されるものは使用していません。

【Q】…なぜ【玄米】を使うの?
・玄米は稲穂からもみ殻を除いただけで、健康に大切な栄養素が豊富だからです。

【Q】…なぜそこまでこだわるの?
・ご愛用いただく皆様に、健康な人生を送っていただくことが『玄米まるごと玄煎粉』の願いだからです。

お米にも等級(グレード)があります。

・お米の状態(被害粒・死米・着色粒などの割合)により【1等、2等、3等、規格外】と選別されます。
・お米の姿形だけでなく、お米の品質が問われます。


【Q】加工食品なのにどうして高品質の玄米を使うの?

『玄米まるごと玄煎粉』はあえて高品質【北海道産・一等玄米】を使っています。
なぜなら『身体を作る「元」は食品』ととらえ、食べ物の質の良し悪しは、そのまま健康に「直結」するものと考えるからです。


火を通すことで(150度~200度で長時間焙煎)アブシシン酸(沸点120度)も分解蒸発。だから『玄米まるごと玄煎粉』はそのまま食べて大丈夫なのです。

【Q】…ファイトケミカルって何?
植物が自らを紫外線などから守るため作り出した、人間の健康にも大切な物質です。
玄米にはフィチンやフェルラ酸(ボリフェノールの一種)、イノシトール、ガンマオリザノール(γオリザノール))などのファイトケミカルが含まれています。
自然の食品中の栄養素は助け合い、まるで優秀なチームのように働きます。


【Q】…フィチンって何?

・【フィチン】:穀物、豆類に含まれる天然の栄養成分(ファイトケミカル)で、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルと結合しており、体にミネラルを与えてくれます。
・【フィチン酸】:穀物から酸性溶液により抽出された、酸性(PH1)の液体で自然の食品中には存在することはありません。食品の変色や腐敗防止など、食品保存料(添加物)として使用されています。
・『フィチン』は今、世界中で注目、研究されている物質です。
・ネット上で「穀物中(特に玄米)の【フィチン酸】が体のミネラルを奪う…」という間違った書き込みがあります。
そもそも穀物中にはフィチン酸は含まれず、含まれているのは『フィチン』です。
フィチンはミネラルを奪うどころか、ミネラルの供給源であり、すべての穀物、豆類、その加工品中に含まれている成分です。



『【Q】… 玄米まるごと玄煎粉のカロリーは?』

・『玄米まるごと玄煎粉』は大さじ1杯(20g)でわずか75Kcal。
・低カロリーなのに栄養豊富で低GI食。だからダイエットにもおすすめです。

【Q】…どのように食べるの?
・忙しい朝でも、しっかり栄養を摂りたい方は、
はじめに少量の熱湯で練るようによくかき混ぜて、3分ほど待ってから、お好みの量のお湯を注いで、お召し上がりください。
・玄米を長時間焙煎して消化も良いので、ヨーグルトなどにトッピングしてそのまま食べてもオッケーです。

【Q】…料理とかには使えないの?
・料理やお菓子作りにも使えますし、食事療法で使われる『玄米スープ』も簡単です。


●『玄米まるごと玄煎粉』で作る『本格・玄米スープ』

・通常1時間以上かかる『玄米スープ』が『玄米まるごと玄煎粉』を使えばたったの3~4分で完成。
・鍋に玄煎粉を大さじ1杯(20g)と水を350cc~400cc入れ、沸騰後弱火で約3分ほどかき混ぜながら、全体がなめらかになれば出来上がり。
・お好みの味付けでさらに美味しくお召上がりいただけます。
・市販の固形スープ(コンソメなど)や粉末スープの素(コーンスープなど)と合わせてもGood!

【健康に大切な食事の質】
・カロリーは抑えても健康に必要な『ビタミン・ミネラル』などの栄養素はしっかり摂りたいものです。
・自分オリジナルの『健康玄米食』をお試しください。
・お子様からご年配の方まで、誰でも簡単に玄米食がとれます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする